学生の声 保育者を目指す生徒の声
在校生にインタビューしてみました。
Q.保育を選んだきっかけ、理由は?
大島 楠々美

弟が生まれてから

私には12歳年の離れた弟がいます。弟が生まれてから子どもと関わるのはとても楽しいことだと知りました。それから高校3年生の時にボランティアへ参加したり、母園で保育実習をしたりと子どもと積極的に関わっていくうちに保育士になりたいという思いが強くなり、保育の道に進むことを決めました。

立野 拓海

尊敬し憧れる幼稚園教諭の恩師の存在

私には心から尊敬し憧れる幼稚園教諭だった恩師がいます。恩師から私が年長組のころに起こった出来事や幼稚園教諭の仕事の話を聞いて、大切に育ててくれた感謝の気持ちを感じたと同時に保育の仕事について興味が湧きました。また幼稚園や保育園でのボランティアを通して子どもたちと関わり、一人一人の笑顔を守れる保育者になりたいと感じ、保育の道を選びました。

菅 亜由美

ピアノを生かし子ども達の笑顔のために

私は幼稚園の頃から保育園の教室を借りてピアノレッスンをしています。そこで保育士と子ども達が過ごしている姿を見かけます。忙しそうで大変だと思ったけれど、保育者の生き生きしている姿や子ども達の笑顔を見て、とてもやりがいのある仕事なんだと感じました。ピアノを生かし子ども達の笑顔のために働くことのできる保育士になることを決意しました。

Q.竹早教員保育士養成所を選んだ理由は?
伊藤 唯

先輩達の手遊びをしている姿に惹かれ

学校説明会に参加した際の先輩達の手遊びをしている姿に惹かれたからです。他の専門学校も見に行きましたが、楽しそうに行う表情や技術は比べものになりませんでした。また、就職率が100%であることは重要です。そしてピアノについては、初心者でも熱心に指導してくださると聞いて「ここで私も保育士を目指したい」と決意し、選びました。

大澤 美澪

先輩方の楽しそうな表情や生き生きとした表現に

学校説明会で見た先輩方の手遊びやパネルシアターが魅力的で引きこまれました。先輩方の楽しそうな表情や生き生きとした表現に保育に対して熱心に向き合い勉強している様子がうかがえ私もこのような環境で技術を身に付けたいと思いました。また先生方と学生の関係が親密でこの学校でなら私の夢を十分にサポートしてもらえると思い、選びました。

達崎 桃子

長い歴史や就職率の良さを知り

短大や他の専門学校かと迷っていた時に当校の長い歴史や就職率の良さを知り、学校見学に参加しました。見学会では先輩方と製作をしたり、ピアノや手遊びを見て私も先輩方のようになりたいと思いこの学校を選びました。社会人から学生になることに不安はありましたが、この学校で同じ志を持つ仲間と多くのことを学べ充実した毎日をすごしています。

Q.竹早で学んで良かったところは?
遠藤 美穂

一つ一つの教科を深く丁寧に教えて下さる

竹早は専門家の先生が多く一つ一つの教科を深く丁寧に教えて下さるので、しっかりと力がついていることを感じています。また、先生方と生徒の距離感が近く、普段の勉強の質問はもちろん、実習や就職関係の質問や相談も丁寧に応えてくれるので、とても心強いです。竹早で学び、支え合い励まし合える大切な仲間たちと出会い、充実した2年間を過ごすことができ、本当に良かったです。

永江 有里

人前で発表や模擬保育をする機会がある

竹早で2年間学び、私は自信がもてるようになりました。竹早の授業の中には、人前で発表したり模擬保育をしたりする機会があります。時には言葉で表現できず失敗することもありましたが、今ではとても良い経験になりました。これからもさらに、自分を磨いて自信をもって子どもたちに接していきます。

山崎 綾子

同じ目標を持つ多くの仲間との出会い

社会人経験を経て入学した私にとって、学生生活はチャレンジでした。しかし、竹早で同じ目標を持つ多くの仲間に出会い、日々の授業や実習、行事の度に助け合い励まし合いながら乗り越えた2年間はとても充実していました。また、長い歴史のある竹早の授業は実践的です。様々な専門分野の経験豊富な先生方が丁寧に熱心に教えてくださるので、竹早で学ぶことができ本当に良かったです。

Q.どんな保育者になりたいと思ってますか?
酒井 菜摘

ひとりひとりの良さを生かしていける保育者に

私は、子どもときちんと向き合い、ひとりひとりの良さを生かしていける保育者になりたいです。子どもの喜びや悲しみなど、その一つ一つを受け止め共感し、子どもとともに成長していけるようにしたいです。また、子どもも私自身も生き生きと過ごすとができる場をつくり出せる保育者になりたいです。

石原 采佳

子どもの気持ちに耳を傾け、一緒に成長できる保育者に

私は、子どもたちの声や気持ちに耳を傾けられ、子どもと一緒に成長できる保育者になりたいです。子どもの「やってみたい!」という気持ちを大切にし、できる範囲で叶えられる様援助し、自分でもできるという達成感と「またやってみたい」という意欲を育てていきたいです。そして、園が楽しいと思ってもらえるように支えたいです。そのために、子ども理解を深め、日々反省し、努力をしていきたいです。

貝塚 美穂

元気と優しさと笑顔が溢れるクラスを作りたい

私は子どもと気持ちを共感・共有できる、また子どもの安全を守れる保育者になりたいと思います。子どもと同じ目線にたって物事を捉えたり考えたりする心を大切にし、子どもや保護者との信頼関係を築き、子ども一人一人の全てを受け止められる保育者になれるよう毎日笑顔を絶やさず努力したいと思います。そして、元気と優しさと笑顔が溢れるクラスを作りたいと思います。

PAGE
TOP